願望達成を阻む理由とは?

それは、「やれといわれたことを理由を聞かなきゃやれない」という思考です。ここでは多くを語りませんが、それが願望達成を阻んでいるケースが多いので、本日はイチロー語録からヒントを見つけて下さい。

『やれと言われたことをやる能力を身につけておけば、必ず役に立つ』By イチロー語録より
--------------------------------------------------------------------
宿題をやるって、大事なことなんです。ぼくがよく小さい子に言うのは、野球がうまくなりたかったら、できるだけいい道具を持ってほしい、そしてしっかりとグラブを磨いてほしいということと、宿題を一生懸命やってほしいということ、なんですね。

宿題をやる意味は、宿題そのものだけではないんですよ、実は。なんでぼくがそれを大事だと思っているかというと……大人になると、かならず上司という人が現れて、何かをやれ、と言われるときがくると思うんですね。

子どもにとっていちばんイヤなことは、勉強することなんです。よっぽど勉強が好きな人はおいておいて、キライなことをやれと言われてやれる能力っていうのは、後でかならず生きてきますよ。ぼくが宿題を一生懸命やってよかったなと思うのはそこなんです。野球選手という、個人が優先される場所であっても、やれと言われることがものすごくあるわけです。

だったら一般の会社員になって、そんなことは毎日のことのはず。だから、小さい頃に訓練をしておけば、きっと役に立つと思うんです。やれと言われたことをやる能力を身につけておけば、必ず役に立つ。

自分は野球が好きだからそれだけやっていればいいや、と宿題を放棄してしまったら、おそらく後で大変な思いをすると思います。宿題をやると、そりゃ、ストレスになりますよ。イヤなことですから。

でも、そうするとこんど、体を動かしたくなるんですね。すると、バッティングセンター行ってちょっと打とうか、って思うわけですよ。そういう練習は意外と効果的なんです。やらされる練習じゃないから。そうすると、いろんなことが、こう、うまくまわってくるんですよ。

しあわせの基礎を強くするセミナー
posted by 矢沢雪 at 18:17 | 「しあわせ美人」セミナーについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。